So-net無料ブログ作成
検索選択

SPF値が高い日焼け止め使ってるのにシミができる理由 [アスタリフト]

自分ではSPF値が高い日焼け止めクリームを使ってるから
シミ対策はばっちりだと思ってませんか?

なんで日焼け止めクリーム使ってるのにシミができるんだろう?
と疑問に思うことありませんか?

この理由はひとつ。

たぶんこの場合はPA値の+の数が少ない日焼け止めを使ってるからです。

紫外線には、3種類あります。
紫外線は、波長が短いものから、「UVC」「UVB」「UVA」。

紫外線のうち、UVCはオゾン層でさえぎられるので地上には届きません。
SPF値はUVBをブロックする数値の指標で、数字が大きいほど効果が高くなります。
UVBは赤いひりひりとした炎症を引き起こし、日焼けの原因となります。

問題なのがUV-A波。
肌の内側の真皮まで入り込みハリの低下、シワ、シミの原因となります。
このUVAによるダメージは近年、光老化として注目されており、それを予防するUVケア
が重要と言われています。

UV-A波の数値であるPA値は、主にUVAをブロックする数値です。
「+」の多さが効果の高さを表します。
「+」「++」「+++」「++++」の4段階に分けられます。

なのでいくらSPF値がたかくても値PA値が低いとシミを防げないことになります。
くれぐれも注意して+の数をみてください。



共通テーマ:美容
Copyright © 手の甲のシミ取りクリーム All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます